「青汁はどれも一緒」は間違い?人気の理由は口コミにあり

青汁と牛乳を混ぜるとどんな効果がある?

青汁を飲むならおいしく飲みたいですよね。
青汁比較ランキング
各メーカーが推奨する飲み方がありますが、多くのメーカーが推奨する飲み方が牛乳と混ぜる方法です。

 

牛乳に混ぜることで得られる効果があります。

 

青汁と牛乳を混ぜると抹茶のような味になります。

 

牛乳のまろやかさで青汁の苦味が和らぎ、飲みやすくなります。

 

子供でもおいしく飲めるはずです。

 

牛乳はカルシウムが豊富な飲み物です。

 

現代人はカルシウムが不足傾向なので、しっかり摂りたい栄養素です。

 

牛乳200mlに含まれるカルシウムは227mgですが、青汁もカルシウムが豊富に含まれています。

 

粉末100gあたりケールは220mg、大麦若葉は500mgも含まれています。

 

牛乳と一緒に摂ることでたっぷりカルシウム摂取できます。

 

人間の体の大部分はタンパク質で構成されていて、毎日タンパク質を摂取することが大切です。

 

青汁はビタミンやミネラルが豊富ですがタンパク質が不足しています。

 

しかし、牛乳はタンパク質が豊富な飲み物なので、牛乳に混ぜれば不足するタンパク質をプラスすることができます。

 

牛乳は脂肪分が多いので、カロリーが気になる場合は無脂肪や低脂肪がよいでしょう。

 

無脂肪や低脂肪でもカルシウムやタンパク質を摂ることができます。

青汁を飲む量の考察

 

青汁には多くの種類の野菜が含まれていて、野菜の中にビタミンが入っている為に多く飲んでも構わないと考えている人がいます。

 

ビタミンは新陳代謝を促進したり、血液の状態を良くするなどの作用があります。

 

妊娠中の場合、青汁を過剰に摂取する事で、ビタミンを多量に摂取する事に繋がる為にお腹の中にいる胎児に影響を及ぼします。

 

一般の人でも大量に飲みすぎると肝臓に負担が掛かったり、利尿作用を引き起こす可能性も高いです。

 

飲む時には日頃から野菜が不足している事を意識して、大量に飲み過ぎないように適度に摂取する事で、健康な体を作りやすいです。

 

販売されている商品に含まれる野菜は多種多様なので、予め製品に含まれている野菜などを熟知して、製品に含まれているビタミンの量を把握しておくと安心です。

 

妊娠中の場合は摂ってよい栄養素の目安を知ったり、栄養バランスを考えた食事を心掛けます。

 

青汁には様々な成分が含まれていますが、製品によって含まれている野菜やビタミンなどの成分に差がある事を熟知しておきます。

 

通販のサイトなどで販売されている製品を購入する場合は表示されている成分を確認して、多量に飲まなくても体の調子を整える事に貢献できる商品を購入する事が大切です。

母娘で青汁楽しんでいます

 

健康のために子供たちと一緒に毎日青汁を飲んでいます。

 

私は青汁を普通に飲んでいますが、子供たちは青汁に飽きてしまうので、ホットケーキに混ぜてみたり、牛乳に混ぜてみたり、ヨーグルトに入れてみたりなどあれこれ工夫をしています。

 

今のところ青汁が好きなようで、風邪をひきやすい子がまったく風邪をひかなくなりとても安心しています。

 

本当に健康になるのかなと思いながら、野菜不足を補うつもりで飲み始めた青汁ですが、私も子供も毎日すごくアクティブで青汁を飲むと気持ちも元気になりますね。

 

身体が弱い子どもたちが元気に動き回る姿を見て、これからも青汁をやめることはできないなと感じました。

 

ホットケーキに混ぜると本当に味がよくわからなくなり、子供たちに喜ばれるんです。

 

だからママ友にも教えてみました。

 

起きたらすぐに青汁を飲むと腸が動きますし、便秘にも良いですよね。

 

仕事中もバリバリと働くことができるのは青汁のおかげだと思っています。

 

薄い緑色ですぐに粉は溶けますし、会社にも置くようにしています。

 

万が一朝飲み忘れたら会社で飲めるので便利だと思います。

 

どこにも持ち歩くことができ、健康を維持できるのでホっとします。

 

青汁を飲んでから、みんな笑顔です!